​ジクレー(Giclee)とは

手彩色を施し落款を加筆した最上級のジクレー

 ジクレーは版画の技法のひとつで、名前の由来はフランス語の「吹き付ける(Giclee)」からきています。

 

 高度な技術でインクジェットされた最新の版画技法です。その芸術的価値は確立され、フランスのルーブル美術館などでもジクレー作品を芸術品として展示しております。

 私どもが提供するジクレー作品は、ジクレーの上から手彩色が施され、落款(サインと印)も肉筆となっており、版画のランクでは最上級でございます。

ジクレーの上から手彩色

贅沢な手彩色

金泥、白金泥などで一枚ずつ彩色しています

肉筆の落款(右下)

作者による肉筆の落款

​落款は作者による肉筆です

​温度で変わる絵

ジクレー作品に特殊な顔料を用い、日本画の技法で彩色。

色が消えたり現れたり、空に鳥が現れます。

室内温度15℃から30℃で変化します。朝と昼、季節ごとに絵が変わります。

すべて手彩色ですから、色や鳥の現れる場所は作品ごとに違います。

額も絵に合わせた特注品です。

あなただけの作品をお楽しみください。

​​お部屋の温度で絵が変わります

温度で変わる絵 〜15℃

〜15℃

温度で変わる絵 16〜26℃

16〜26℃

温度で変わる絵 27〜29℃

27〜29℃

温度で変わる絵 30℃〜

30℃〜

  • 温度は目安です。部屋の条件等により一定ではありません。

  • 作品を直接ストーブで温めたり、氷で冷やしたりしないでください。火災、額等 破損の原因になり危険です。自然の温度変化の中でお楽しみください。